読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This Game!!~investment~

株・FX・バイナリーオプション・オンラインカジノ。いわゆる投資に関するブログを書いていきます♪

NY休場で総じて小動き!

f:id:un_limitedsky:20160704134352j:plain

独立記念日NY休場となる中、北米タイム午前の資源国通貨は、英EU離脱ショック後の急落幅を取り戻す動きが進んだ。

 

2日実施の豪総選挙は、与野党大接戦で優劣が明確にならない混迷となったが、豪ドル相場の大きな障害になっていない。

 

豪ドル/ドルは0.7545ドル、豪ドル円77.41円まで上昇した。

NZドル/ドルも0.7241ドル、NZドル円74.27円まで上昇。

ドル/加ドルは1.2832加ドル、加ドル円79.95円まで加ドル買い優勢となった。

 

ポンドドルも一時1.334ドル、ポンド円は136.82円まで上振れた。

資源国通貨と同様に、イギリスEU離脱後の急落幅を取り戻す動きが先行した。

しかし離脱までのスケジュールや新たな取り決め事項について不透明要因は多く、まだ状況は安定していない。

ほどなく失速し、ポンドドルは1.33ドル割れ、ポンド円は136円前半へ下押し。

 

ユーロドルは1.11ドル半ば、ユーロ円は114円前半で小動きだった。

 

ドル円は対資源国通貨でのドル弱含みを重しに、102円半ばで上値が重かった。

もっともNY休場とあって、調整中心の限られた値幅とどまっている。