読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This Game!!~investment~

株・FX・バイナリーオプション・オンラインカジノ。いわゆる投資に関するブログを書いていきます♪

イギリスEU離脱で再び忍び寄る量的緩和の呪縛!

f:id:un_limitedsky:20160704134352j:image

 金融危機を受けて2009年に各国中央銀行量的緩和QE)を導入した際、緩和のeasingを「永久の」を意味するEternalに置き換えた「QEternal」という言葉が半ば冗談で叫ばれていた。

 

危機のどん底から世界経済を立て直すには何年も続く可能性もあったからだ。

 

欧州連合(EU)からの離脱派が多数派を占めたイギリス国民投票のショック後は、これが冗談ではなくなり、ポンドやユーロ、円を何億円もつぎ込む新たな量的緩和の波が今にも来そうな気配となっている。

イギリス国民投票後、世界の債権市場の利回りは数年来の低水準となり、史上最低を記録するものも。

 

欧州格付け大手フィッチ・レーティングスによると、利回りがマイナスの債券は11兆ドル分を超える。

さらなる利回り下落で、銀行や年金基金のほか様々な投資家の収益は1日ごとに萎んでいく。

 

イングランド銀行(イギリス中銀)の債券買い入れ額は3750億ポンドで、この4年間は量的緩和を停止しているが、再開する見通し。

欧州中央銀行(ECB)、日銀も追加緩和が予想されている。

 

イギリス中銀のカーニー総裁は6月30日、EU離脱ショックによる国内経済への打撃を和らげるため、数週間以内の追加緩和は「おそらくある」と述べた。

 

米連邦準備理事会(FRBでさえも、2014年10月に終了した量的緩和を復活させ「QE4」に踏み切らざるを得ない状況に追い込まれるかもしれない。

FRBは債券購入によりバランスシートを3兆6000億ドルに拡大。

その後も償還債の再投資を続けてバランスシート規模を維持しており、再投資は2016年に約2160億ドル増え、さらに3年後には9000億ドル増える見通しだ。

 

少なくとも早期の追加利上げを予測する投資家はほとんどいなくなった。

世界の基準となる米10年国債の利回りは1日、過去最低基準の1.38%だった。