読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This Game!!~investment~

株・FX・バイナリーオプション・オンラインカジノ。いわゆる投資に関するブログを書いていきます♪

EUとの通商協定に引き続き努力!

f:id:un_limitedsky:20160629102832j:plain

アメリカのケリー国務長官は28日、イギリス国民投票の結果を受けてアメリカは、イギリスおよび欧州連合(EU)とそれぞれ個別の通商協定交渉を並行して進める可能性があると発言した。

 ただ、国務省の報道官は後に、アメリカはEUと交渉中の環太平洋貿易投資連携協定(TTIP)の妥協に向け引き続き最大限の力を投じるとし、長官の発言を修正した。

 

オバマ大統領は4月、イギリスの国民投票EU離脱が決まった場合、アメリカはEUとの貿易交渉に専念し、イギリスとの交渉は後回しになると発言した。

 

ケリー長官はコロラド州での会合で、この発言について問われると「国民投票の結果を受け、大統領は双方と同時に交渉しようとするだろう。大統領はマルチタスクの手法を知っている」と語った。

 

国務省のカービー報道官はその後、ケリー長官の発言について、それぞれ個別の交渉を同時に進めるという意味ではない、と修正。

長官は、国民投票の結果がTTIPにどのように影響するかを見極めるために双方と協力するということを明確にしただけだ」と述べ、「アメリカは引き続きTTIPにコミットしている」と語った。