読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This Game!!~investment~

株・FX・バイナリーオプション・オンラインカジノ。いわゆる投資に関するブログを書いていきます♪

FRB議長証言、ドラギECB総裁も...

NY午前、イエレンFRB議長の議会証言では利上げに対して慎重な姿勢が改めて示された。

しかし「フォワードガイダンスに強く依存しない」など6月FOMC声明での示唆の有無によらず、7月利上げにもオープンな面に言及する部分もあった。

 

長期金利は1.66%付近から1.68%台へ持ち直し、ドル円は104.60円付近で底堅く推移。

 

しかし長期的な米経済見通しは楽観的としながらも、生産の停滞や中国など海外情勢に対する懸念にも言及

ドルや米長期金利の上昇に強い勢いはなかった。

 

ユーロ売りは先行。ドラギECB総裁が、必要となれば追加的な措置をとる姿勢を改めて示した。

ユーロドルは1.1243ドル、ユーロ円は117円半ばへ水準を下げた。

ポンドドルも1.46後半、ポンド円は153円前半と伸び悩み気味。

しかしユーロほどなく下げ渋り、それぞれ1.1260ドル付近、117円後半へ戻した。

 

原油先物の調整を受け、資源国通貨は重い動き。

加ドルは対ドルで1.2827加ドルまで加ドル安に。

豪ドル/ドルはNY入りにかけてつけた0.7513ドルから0.74ドル半ば。

NZドル/ドルは0.7169ドルから0.71ドル前半へ下押し。

 

同じく、豪ドル円は78.57円から78円付近。

NZドル円は74.96円から74円半ば、加ドル円も81.98円から81円半ばへ水準を下げた。