読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This Game!!~investment~

株・FX・バイナリーオプション・オンラインカジノ。いわゆる投資に関するブログを書いていきます♪

イギリスEU離脱と世論調査

イギリスのポンドが乱高下している。

朝方に1.4121ドルの安値をつけた後、1.42ドルちょうど付近まで戻す場面もあったが...

 

Ipsos Moriのイギリス国民投票に関する世論調査が発表され、

・離脱が53

残留47

だったという結果が伝わると、1.4130ドル付近まで急降下した。

 

ポンド円は147.80円付近まで戻した後、147円前半で引き続き重い。

 

また、スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は16日、

欧州連合(EU)離脱の是非を問う来週のイギリス国民投票を注視すると発言、

「必要なら」対応策を講じると述べた。

 

総裁は会見で「(国民投票で)不透明感と混乱が増す恐れがある」と指摘。

状況を注視し、必要なら対応策を講じる」と述べた。

 

さらに、欧州中央銀行(ECB)は16日、経済報告を公表し、ユーロ経済圏は引き続き緩やかに回復しているが、下振れリスクがあるとの認識を示した。

 

欧州連合(EU)は離脱の是非を問う

イギリス国民投票を取り巻く不透明感新興国市場の低迷がリスクという。

 

経済報告は、域内投資がさらに増加し、

個人消費は比較的力強い水準で維持されると予想。

主要リスクはユーロ圏外にあるとの見方を示した。